留学

海外送金に便利?Western Union(ウエスタンユニオン)での受け取り、送金の仕方☆注意点

こんにちは。

ショコラです。

 

Western Unionって、銀行口座がなくても取扱店で、海外とのお金のやり取りができて
便利なんです。

現金での送金手数料は、たったの390円です。めっちゃ安いです。

海外銀行口座へのオンライン送金は、期間限定で無料!(2020年12月現在)

 

便利なので私も、

カナダとの受け取り&送金をしたのですが、、、、

いくつか失敗して、二度手間になっちゃいました・・・。

注意点を書いていくので、

反面教師にして、皆さんは失敗しないようにしてくださいね。

現金の受け取り(カナダ→日本)

先日、カナダの友人から長女の誕生日プレゼントとして、Western Union経由で現金が送られてきました。

わお〜!とウキウキしながら受け取り方法を確認。

Western Unionのホームページを見ると、

受け取り方法が出てきます。

上記の説明を見る限り、必要な物は・・・

・MTCN/送金管理番号(送金時に知らされる番号、送金元から聞く必要あり)

・写真付きID

 

よし!と思って、自宅に一番近い取扱店に出かけました。

写真付きIDには、念のため免許証とパスポートの2つを持っていきました。

 

すると落とし穴が・・・(;^_^A

記入する所は、「お客様について」と「お受取用情報」

マイナンバー記入欄が!!!

しかも、ナンバー分かるだけじゃだめで、確認のため現物がいるとのこと(;^_^A

マイナンバーカードか、通知書か、ナンバー入りの住民票・・・・。チーン

 

仕方がないので、通知書をもって出直し。

するとまた、落とし穴が・・・。

 

送金人名です。

外国の人の名前って、一筋縄ではいかないんですよね~。

ID記載名(本名)が、普段聞いていた名前と全く違う。

 

そこは気を付けて、ちゃんと、送金者に本名を聞いていたつもりで受付用紙をだすと・・・

「ミドルネームが抜けてるので、渡せません」とのこと。

ガーン(;^_^A

ミドルネーム、持ってたなんて知らんかった・・・。

しかも、時差があってカナダは今、真夜中だから、すぐ聞けない・・・。

再度出直しの羽目に・・・・。

しかも、名前は一文字のスペルミスも許されません。

みんなミドルネームがあると思って、再確認した方がよいです!!

最終的には、三度目の正直で受け取ることができました。

受け取りに必要な物

マイナンバーカードか通知書か住民票(ナンバー入り)

写真付きID(免許証かパスポート)
※私は通知書だったので、免許証の提示をしましたが、マイナンバーカード持参の人は
写真付きだから、カードだけでいいのかもしれませんね。

MTCN/送金管理番号(送金時に知らされる番号、送金元から聞く必要あり)

送金人名(ミドルネーム込み・正しいスペルで)
※可能なら、送金時のスクリーンショットを送ってもらうと便利。

受取額も書く欄があるので、事前に聞いておきましょう!!!

 

銀行間の送金(日本→カナダ)

現金での送金は、基本的に受け取り時と同じ書類があればよいとのことでした。

送り先の都市名と正しい名前も必要。

送金まで2~4時間なので、現金の方が銀行間より簡単に感じます。

 

 

銀行送金は、出掛けなくていいけど、

個人的には面倒くさかったです。

 

今回は、別件でカナダに支払いの用事があり、先方が銀行受け取りを希望しました。

銀行受け取りの場合は、現金での送金ができず、銀行間になります。

日本の銀行からアメリカ銀行東京支店への振り込みをし、

そこからカナダの銀行に送金手続きを行う、という流れ。

Wesstern Unionの送金手数料は現在キャンペーン中で無料だけど、

国内での送金手数料は通常通りで、今回は440円かかりました。

Western Unionのホームページで必要事項の記入。

すると、送金先の本籍を記入する欄が出現!

先方に聞くと、カナダのパスポートには、本籍欄がない。しかもカナダ生まれではない。
とのこと。

Western Unionに問い合わせたら、現在の住所でよいとのこと。

ここら辺が煩雑でした・・・。

送金申請に必要な情報

最終的に必要な情報は、

※送金先の銀行がWestern Unionで使えるかの確認

・送金先の名前

・住所

・電話番号

・送金先の口座番号

・5桁のtransit number

・ Account type

・先方の本籍(現在の住所でよいとのこと)
※本籍のとらえについては、国によっても対応が変わるかもしれないので、
Western Unionに、問い合わせした方が確実だと思います。メールでやり取りしてくれます。

 

送金者の必要書類

オンラインでの受付なので、送金手続き完了のメールが来て、

一安心していると・・・・

 

送金者(私)の本人確認が不十分との連絡が。

・パスポートの写真を2ページ分再度、送ってほしい。

・マイナンバーカードの通知書はだめ。マイナンバーカード両面の写真か、ナンバー入りの住民票(6か月以内)の写真を送ってほしい。

それが揃わないと、送金は保留とのこと。しかも24時間以内に送れ、と、、、。

 

残念・・・。

マイナンバーカードは取得してないし、時間もかかりそうだから、しょうがないから

住民票を取りに行きました。

マイナンバーカード取得を外堀から攻められている・・・??

 

最終的に、パスポートと住民票の写真を送付し、

無事に本人確認終了。

1営業日で着くと思いきや、受け取り可能日は3週間先とのこと。

クリスマスのせいかなあ~??

まあ、急がないからいいのだけど。

 

その後、Western UnionからPINナンバーが自宅に郵送されてきたので、

今後は送金手続きにそのナンバーが要るとのことでした。

 

最後に

海外への行き来ややり取り、お子さんの留学などがあると、
海外との送金やお金の受け取りが必要になります。

いろいろな手段がありますが、
Western Unionは便利で手数料も安いです。

銀行からの海外送金だと、何千円も手数料取られてしまいますから・・・。

Western Union

※レートの計算方法は、それぞれ違ってくるので、
それも含めて比較していくといいと思います。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

 

このブログでは、雑記記事の他に

FXツールの紹介もしています。

海外でもできるFX。

私も、留学費用をFXで稼いでいます♪

興味があれば、無料ツールもあるので、

こちらも参考にされて下さい。

FX、初心者にもおススメ🔰 自動売買ツール「ビースト」無料モニター募集中!  現在、ビーストの進化版であるビースト+がリリースされております。 本記事は、ビースト初代版についてです。ビースト+の歴史...

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

FXするならEAが便利!
月利77%の実績をもつ無料EAプレゼント中!
→詳細はコチラ