FX

FX再入門にも最適!「世界一やさしいFXチャートの教科書1年生」レビュー

「FXって思ったより簡単~。」

自動売買ツールを使い始めた私はそう思っていた。

チャート見てたら、

「私にもできそう~」と、調子にのって

成り行き注文してみたら、恐ろしいことに・・・。

FXって、一歩間違えれば地獄行き。。!?

 

 

こんにちは。

ショコラです。

FXって奥が深い。

なめたら、あかんぜよ~。

そこで、

元メガバンク為替ディーラーの現役投資家がまとめた入門書
「世界一やさしいFXチャートの教科書1年生」
を読んでみました!

「初心者あるある」と「この本から学んだこと」をご紹介します。

FX、初心者あるある~ と、本からの助言

実際、FXを始めてみると、

今だと思ってエントリーすると、何故か直後に逆方向~( ;∀;)
損切りできず、結局溶けちゃった・・・。チーン

なんてこと、「あるある」ですよね。

そんなお悩み解決の糸口を、本書から紐解いていきましょう。

本書は、0時限目から7時限目までの8章で構成されています。

全てはご紹介できないので、1時限目の「FXチャートの見方を理解しよう」
から、中心に紹介していきます。(詳しくは、本書を手に取って見てくださいね)

勘だけでやっちゃう

FXって危なそう
勘が当たれば天国、はずれたら地獄~

 

FXは、ギャンブルではありません。投資です。

何の手法や根拠も持たずに勘だけで適当にFXをすれば、ギャンブルになってしまいます。

ルールを守るのが大切!

初心者には、デイトレード(数時間~1日)か、スイングトレード(数日~数週間)が
おススメ

そっか~。私、ギャンブルしてたわ。。。

 

下がると思ったのに、上がっちゃった

がびーん💦予想がはずれたあ~。

 

「木を見て森を見ず」ではダメ

 

相場の全体像をとらえるのが大事

確かにその瞬間しか見てなかった・・・。

 

期間の長いローソク足で相場環境を確認。

期間の短いローソク足でエントリーポイントを探す。

広い視野で今を見る、ですね。

 

相場環境の分析って???

どうやって分析するのかな?
頭ではわかっていても、、ナンピンに挑戦したり、横ばいなのに積極的にトレードしたりして負けちゃう

 

上昇トレンドであれば買い

下降トレンドであれば売り

横ばいであれば何もしない様子見

 

そんなの分かってるよお~

適切な選択をたんたんと実行!

それができない・・・・。
分かってるけどできない。(そこがEAに頼る所以かしら・・・。)

 

「様子見の選択肢を取る」

勝つことはないが、負けることもない。

横ばいなど、手出しすべきでない場面では動かない!!

自分の得意とするパターンを待つのが吉。

確かに「その時を待つ」って、FXに限らず、大切なことなんだろうな・・・。
平常心でいるにも、必要なことなのかも

 

追っかけでエントリー。その後・・・瞬殺( ;∀;)

相場が急に上昇したから、慌てて追っかけで買いエントリー。その直後に下落。ガビーン
そろそろ下がりそうだから売りで入ろう。

 

勘だけでエントリーするのはトレードではなく、ギャンブル。

トレンド方向に沿ってエントリーする「順張り」⇒初心者はこちらがおススメ
トレンド方向とは逆の方向に仕掛ける「逆張り」

相場に翻弄されないように。

うんうん、勢いがあると、ついついエントリーしたくなっちゃうんだよね~。

翻弄されてるわ~

 

トレンドに沿ってエントリーする順張りの場合、相場の押し目・戻り目を狙う。

逆張りをする場合は、トレンド転換のサインが出た時のみ

 

勝ち越せない・・・。だって損切、嫌!

ちょっと利益が出ただけで、利益確定。
含み損は、「戻って~」と神頼み

損切できずに、せっかくコツコツと稼いだ利益が、たった一回の大負けで全部サヨナラ~( ;∀;)

勝つためには、損小利大の状態を保つ必要がある。
例えば、リスクリワードを、利益:損失=2:1に設定

利益確定の水準は、損切から逆算する。

エントリー前にどんな時に損切するのかを事前に決めておく。
(チャート分析でエントリーの根拠となった状態が崩れた時)

成り行きで、ひえーとなったときに、切ってました・・・。
損切も計画の内なのですね・・・。

 

負けは自分を成長させるための最高のプレゼント
⇒負けから学ぶ。次回は、負けの原因を回避する

トレード記録をつけることがおススメ

嫌なプレゼントだけど、それを生かすも殺すも自分次第。

せっかく負けたのなら、悔しいからそれを次回に活かして巻き替えそう!

 

「○○ラインを越えたら損切を視野に入れる」って、
どういうこと?

よく聞く、「○○ラインを越えたら・・・」って何?

 

高値と高値を結んだ現在レートよりも上のレジスタンスライン(抵抗線)

安値と安値を結んだ下のサポートライン(支持線)

相場の反転を予想したり、抜けた場合にはトレンドの加速を予想したりできる。

 

レジスタンスライン(サポートライン)で反転する理由は、

買い(売り)建玉の利益確定の売り(買い)決済

反転を狙った新規の売り(買い)注文

 

利確や損切、そして新たなポジション取りの目安になるんだ。
全然知らなかった・・・。

 

他にも、形から名付けられたヘッド&ショルダー、ネックライン、トリプルボトム(トップ)、ダブルボトム(トップ)やソーサー(お皿)、スパイク(V字)、カップウィズハンドルなどのチャートの形が紹介されていて、面白い。

過去のチャートから探し出すと、なるほど~と思うので
参考になるかも。

メンタルをやられそう・・・。

含み損が増えて、ボロボロ・・。
チャートにはり付いて動けない

健全なメンタルは、強固な売買ルールの上に成り立つ

人間は利益で得られる喜びよりも、損失で味わう苦痛の方がはるかに
大きいと言われている。

あえて、損切りは素早く行い、利食いは損切幅以上に得ることが必要。

確かに根拠がなければ、ただ不安に駆り立てられるだけだけど、

根拠や損切タイミングが決まっていれば、必要以上におびえることはない。

 

まとめ

チャートを学ぶ

本には、チャート分析が図入りで分かりやすく解説されている。
トレンド系チャート、オシレーター系チャートなどなど、詳しく載っている。

基本的なことを始め、実力を高めるチャート分析演習までついている。
初心者にもわかりやすく、とてもためになった。

チャートのことを学びたい人にはおススメの一冊。

本を読んで、自分なりのルールを決めて実践。

そして、さらに実践して経験から学んでいくことが大切。

負けた経験がないと、FX楽勝と思って、全財産いれた後
荒波相場に遭って退場、、、なんてことにもなりかねない。

ちゃんと経験してる人は、荒波がいつきてもいいように準備するし、
もし耐えれなかったら損切りも検討できる。

追加資金もあらかじめ用意してる。
結局そこが一番重要

FXは決して簡単ではない。

でも、ルールを守れば手堅く稼げる!

ルール作りのために、学ぼう!(時には負けながら・・・( ;∀;))

便利な自動売買ツール

でも、学ぶのも大変~。

そんなときは超便利な「FX自動売買ツール」がある。
これを使えば、初心者だって、プロと同様にトレードができてしまう。

ただ、損切のタイミングや、トレンド発生のリスク回避で稼働停止など、
自分で決めなければいけない場面もある。

自分なりのトレードルールを作って、自動ツールを使えば、ばっちり!?

こちらのブログでは、FX自動売買ツールの紹介もしています。
興味のある方は、コチラも合わせてお読みください。

(私もツールを使って、日々恩恵を受けてますV
裁量でやろうとしても、結局このツールには勝てない、、、無料モニター募集中なので、
ご希望の方は、LINEよりメッセージくださいね。)

※友達追加後、お名前とご用件をメッセージください。

 

トレードを学びながら、ツールも活用できるといいですね♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Good Luck!

世界一やさしい FXチャートの教科書 1年生 [ 鈴木拓也 ]

FXするならEAが便利!
月利77%の実績をもつ無料EAプレゼント中!
→詳細はコチラ