書籍

【塚本亮】書籍「すぐやる人とやれない人の習慣」レビュー

「結果を出す人と、頑張っているのに結果が出ない人、何が違うの?」

 

こんにちは。

ショコラです。

 

人間誰しも・・・・

なまけたい。

迷って決められない。

気乗りしないと始められない。

・・・なんて思う事ありますよね~。

 

私もそんな悩みをもつ一人です。

そんな状況を打開したく、

塚本亮氏の「すぐやる人とやれない人の習慣」を読んでみました。

本書では、「すぐやる人」の50の習慣が紹介されています。

その中で特に「なるほど~」と思ったことを、私の友人の例と共に紹介していきたいと思います。

※黒字は本書『すぐやる人とやれない人の習慣』からの引用です。詳細は本書をご覧下さい。

結果を出す人と 結果が出ない人の違い

生産性の高い人は、行動が早い。

結果を出すには、確かに行動力が大事ですね。

 

私の友人でバリバリに仕事も家事もこなすYさん。

LINEの返信が鬼早いです。
つまり彼女は、何でも取り掛かりが早いのです。

 

仕組みで自分を動かす

気合いや意志力だけで、自分を動かしているのではない。仕組みで自分を動かしている。
すぐやってしまう環境を作り、すぐやるための感情を作り出すことが大切。

 

あるとき、Yさんに「なかなか平日に、やれないんだよね・・・」と相談したことがありました。
彼女は一言、「ルーティーンに入れればいいんだよ。」と。

ルーティーンに組み込むことで「嫌だな」「後でやろう」という感情と向き合ってから行動するのではなく、歯磨きなどの習慣と同じように「当たり前」にやってしまうのです。

自分にとって一番大変なのは、「やりたくない」という感情に打ち勝つことかもしれません。

仕組みにより、この負の感情と向き合わなくていいのはとてもラクチンだな、と感じました。

 

すぐやる習慣を身につけることがカギ!

 

すぐやるためには・・・

書き出すことで頭を整理する

著名な方が「メモが大事」と言っているのをよく耳にします。

著者の塚本氏も常にペンとメモをもち、感じたことをどんどんメモしていくそうです。

考えると同時に手も動かすので、より頭も冴えます。
書き出すことで頭の中を空っぽにでき物事が整理できます。

Yさんの頭の中も、常に整理され、やることの筋道も立てて洗練されている気がします。

質問すれば、すぐに適切な返事が返ってくるし。

一方私は、頭の中でやることが整理できずにカオス状態・・・。
すると何から、どうやってやればいいか分からず動きも鈍る・・・。

客観的に見れば、動きに差が出るのは、当然のことですね。

 

「やりたい」と思った瞬間が旬

「やりたい」と思った瞬間がモチベーションの鮮度のピーク

「すぐやる人」はすぐやることでモチベーションを高めることに成功

モチベーションの鮮度が高いうちに0を1に変えておく。
→行動が続いていくきっかけになる

これを読んで「はっ」としたのは、買い物です。

吟味に吟味を重ねて「これにする!」と購入を決断した時が
一番モチベーションあがってます。

家に帰ってみると、袋に入れっぱなし・・・なんてことも。

買って満足してしまう。袋から出して次のアクションを起こすのが面倒。

でも、

すぐに取り掛かることが大事なんですね。
さらに言えば、すぐにやる方がハードルが低いということですね。
後回しにすればするほどモチベーションも下がり、ハードルが高くなってしまいます💦

 

考えるために行動

やれない人は最初から完璧を目指してしまうことが多く、そのために考える。
考えてばかりで、なかなか行動に移せない。
いざ、行動を始めても何か壁があると立ち止まってしまう・・・。

やれる人は、試しながら考える。試行錯誤をする。
行動したことで新たな課題、本質を見つけることができ、それに柔軟に対応していく。

結果的により良いものが生まれる。

 

嵐のマツジュンくんも言っていましたね。

通常、PDCAサイクルは、

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返し、
よりよいものを目指していく。

しかし、Jr.の頃から、まずはやってみること、体験から全ては始まった。Planの前に、Doがあるはず

 

確かに、やってみないと課題は見えてこないですね。

エジソンも言っています。

私は失敗したことがない。ただ一万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ

 

すぐやる人は、小さな失敗を大きな成功に結び付けることができます。

 

自分で期限を決める

与えられた期限は、自分で再設定することが大事。

時間がありすぎるから時間がなくなってしまう。

 

友人Nさんは、課題をすぐに終わらせる人でした。

「まだ、期限まで時間があるのに、なんですぐやるの?」と聞くと、

「その期限までずっと、その課題のことを考えているのが嫌だから。」と話していました。

 

なるほど、です。

「期限まで時間があるから、そのことは忘れて今は遊んじゃえ~」
と思っても、実際は頭の片隅にその課題が残っています。

一時的に忘れたとしても時折思い出しては、
「あ~まだやってなかったな。まずい、やらなくちゃ。」
と、暗い気持ちになります。

それは、課題を終えるまで続きます。

友人Nさんは、それが嫌なのです。
どうせ遊ぶなら、忘れるのではなく、終わらせてすっきりさせて思いっきり遊びたいのです。

それを聞いて、私も
「期限中課題のことを頭に保留しておくのも嫌だな。早く片付けて、頭も気持ちもすっきりした方がいいな」
と考えるようになりました。

また、早く取り組んだ方が、課題の内容についての記憶が鮮明でより簡単に終わらせることができます。
時間が経つと、課題の主旨を思い出すところから始めるので余計時間がかかってしまいます。

 

台所の油汚れも同じです。すぐに拭き取ればきれいになるけど、放っておくとなかなか取れない頑固汚れになってしまいます。

早くやるのは、いいことが多い!

すぐやるのは面倒くさいと思ってたけど、後からやる方が面倒くさいことになる、ということに気づきました。

面倒くさがりの私は、結局早くやった方が面倒くさくないのね・・・。

朝を大切にする

朝の一時間の使い方は一日の使い方を決めると言ってもいい。

自分の周りの「できる人」は、みんな揃いも揃って、早起きです。

著名な方も早起きぞろいですよね。

 

朝、脳もリフレッシュされ、やる気や期待感が出ます。

一日の始まりである朝を、気持ちよく過ごせると、その日一日、気分よく順調に過ごすことができる気がします。

私も朝一に仕事をすると、すごくはかどってびっくりしたことがあります。
「あれ?まだこんな時間!」と何だか得した気分♪
その日は、有意義に過ごすことができました。

朝を制する者は一日を制す。

一日を制する者は一年を制す。

一年を制する者は人生を制す。

といったところでしょうか。

 

 

まとめ

本書にはまだまだ、ためになることがたくさん書かれています。(何と50項目!!)

もっと知りたい!という方は是非、本書を手に取ってみてくださいね。

ご自身に合うヒントがたくさん見つかるかと思います。

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 [ 塚本 亮 ]

 

すぐやることで、いいことが増えますように。。

最後に

このブログでは、今、副業として注目されているFXツールの紹介もしています。

興味のある方には、FXツールの無料モニター権をプレゼント致します。

 

ご希望の方はLINEまでメッセージを下さいね。すぐに行動した方がいいですよ♪

※友達追加後、お名前とツールご希望の旨をお知らせください。

 

FXやツールの詳細はこちらです。

FX、初心者にもおススメ🔰 自動売買ツール「ビースト」無料モニター募集中!  現在、ビーストの進化版であるビースト+がリリースされております。 本記事は、ビースト初代版についてです。ビースト+の歴史...

 

※FXは投資であり、利益を得るときもあれば、損失が出ることもあります。
余剰資金での運用をお勧めします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

FXするならEAが便利!
月利77%の実績をもつ無料EAプレゼント中!
→詳細はコチラ